しろいし大行列

(5月3日午前11時00分 亘理町~長町スタート)

白石市民春まつりのメインイベントである「しろいし大行列」。当日は多くの市民が参加し、白石中心市街地を練り歩きます。

壱の陣:神明社神輿渡御

昭和53・54・55年生まれ白中・東中同年会

今年度の神明社大祭神輿渡御巡幸を努めさせていただきます。
私達は、白石中学校第47・48回及び東中学校第6・7回卒業生で構成されています。例年1学年での参加でしたが、本年は2学年合同での参加となります。
本年の神輿には本当に多くのことが乗っています。受け継いできた伝統。白石を盛りあげていこうという想い。また、様々な要因で参加が叶わなかった同級生達の気持ちなど、全てを担いで市内各所を練り歩かせていただきます。よろしくお願いいたします。

弐の陣:太鼓山車

1.中町

白石のまん中、中町です。2年続けての春まつり休止にがまんできず、昨年は独自に太鼓山車のご披露をしました。3年ぶりの春まつりに子どもたちも張り切っております。伝統の「白石囃子」中町の子ども太鼓をどうぞご覧下さい。

2.長町

3年ぶりの春まつり、お祭りの太鼓が大好きで町内外の子ども達が集まって来てくれました。「疫病退散」と「いつまでもきれいで自然豊かな白石」を願い、精一杯表現させていただきます。

3.亘理町

今回注目してほしいのはズバリ!!子供達です。当初どのくらい集まるか不安でしたが、全員参加してくれました。そして練習でもブランクを感じさせないバチさばき、初めての子は家での練習でバチのかわりにエンピツを持ち宿題より太鼓の練習をしていた子もいます。そのくらい頑張ってきました。

4.西益岡

子供たちによる太鼓演奏は、代々、上級生から下級生へと受け継がれ、太鼓の練習を通して「友愛の心」も育んで参りました。今回は太鼓の生演奏はいたしませんが、中止となった2年分の思いを込め、精一杯に頑張った元気な姿を皆様にお見せしたいと思います。

参の陣:大人神輿

1.柳町

お祭り大好き、お祭り騒ぎはもっと大好き。でも、皆さん今日だけは「うっせいわ」とは言わないで!できることなら、3年前に「時を戻そう」「ソイヤッ・ソイヤッ」の勇ましい掛け声は「ワンチャン」OKか?沿道の皆さん、柳町若者会の「イッツ ショータイム」にご声援をよろしくお願いする「でやんす」。

2.新町

新町若者組は相変わらずの少人数。老体にムチ打ち、大勢のお助け人により何とか担いでいます。まさに時代を先行する多様性がここにあり!「大河ドラマ・新町殿の13人」とでも呼びたいほどです。まさに半分以上が誰だかわからないママ、最高気分でお神輿やってます!

3.建設職組合

コロナなんかに負けるな!
がんばっぺ白石市!

四の陣:片倉鉄砲隊

片倉鉄砲隊

片倉鉄砲隊は平成11年に結成され、白石城主・片倉家に伝わった砲術を学び、その流儀を後世に伝えるべく活動をしています。砲術は片倉家に伝わる「不易流」を伝承し、その射法はさまざまな型で行われます。隊員は28名です。今回は白石に縁のある札幌市白石区からも隊員が参加しています。迫力のある火縄銃演武をぜひお楽しみください。午後2時から白石城本丸広場において、火縄銃の演武が行われます。

五の陣:騎馬武者

白地に黒釣鐘の片倉家の旗印を先頭に騎馬武者は初代片倉小十郎景綱公。伊達政宗の側近として「政宗あるところ、必ず傍らに小十郎あり」と称され、その生涯を伊達家に捧げました。今回は山田裕一白石市長が片倉小十郎景綱役を務め、もう一騎は「甲冑工房片倉塾」の塾生が騎乗します。

六の陣:甲冑工房「片倉塾」大行列

甲冑工房「片倉塾」は武者行列を継承し、1年をかけて甲冑を製作し、今回は約40名参加しております。戦国時代に思いを馳せながら武者行列をご覧いただければと思います。6月15日~20日まで壽丸屋敷にて3年ぶりに甲冑展を開催いたします。併せて期間中、今年度の新規受講生を募集しますので皆様、ぜひ足をお運びください。白石市民春まつりの成功を祝し、勝鬨を上げます。観客の皆様は拍手でお願いします。

※大行列の順序、参加団体は変更になる場合があります。